イントラレーシック手術で視力回復


イントラレーシックとは、簡単に説明すると、医療用レーザーを使って、視力を回復させる最先端のレーシックのことです。レーシックも、イントラレーシックも、視力回復の手術のことですが、イントラレーシックは、従来のレーシックと比較して以下のメリットがあります。
1.フラップの安定性
2.視界がクリア
3.重度な近視、薄い角膜でも治療が可能

というわけで、レーシックよりも新しい手術なので、レーシックでは、断られた人も、手術できる可能性があります。
ただ、最先端ということは、最近導入されたばかりの手術方式でもあるので、長期的な影響についてはデータがあまりありません。そこが注意すべきポイントといえます。

ちなみに、谷口拓也さん(プロゴルファー)、柳本啓成さん(プロサッカー選手)、渡辺篤さん(レーシングライダー)の有名なスポーツ選手もイントラレーシック手術をしています。品川近視クリニック、神奈川クリニック眼科、安淵眼科、錦糸眼科だけが「Intra Lase社」の認定施設として、「イントラレーシック手術」を実施しています。

コンタクトレンズ安!処方箋も不要。レーシックの情報も。

視力回復を目指す!
ブルーベリー(サプリメント)を摂取したり、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術などを受ければ、視力回復できます。詳細は以下のサイトにて紹介。
わかさ生活のブルーベリーアイ
レーシック

コンタクトレンズ安!処方箋も不要。レーシックの情報も。

視力回復トレーニングなど
視力回復には「わかさ生活のブルーベリーアイ」
ピンホールアイマスクで視力回復トレーニング
目の疲れをとる2つの方法

視力回復手術
レーシック手術で視力回復
イントラレーシック手術で視力回復

コンタクトを通販で買えるの?
コンタクトの通信販売とは?
通販ではコンタクトの処方箋はなし!?
コンタクトレンズの個人輸入とは?

コンタクトレンズに関する「豆知識」
使い捨てコンタクトの利点・欠点
含水率とは?(コンタクトの用語)
コンタクトの代表的なトラブルと、その対処法
コンタクトの用語集
使い捨てコンタクトレンズの種類
コンタクトを選ぶポイント
コンタクトがあれば、メガネは必要ない?
Copyright (C) コンタクトレンズ安!処方箋も不要。レーシックの情報も。 All rights reserved.